Osaka Sound LeAf

Osaka Acappella Workshop 【Sound LeAf】の活動日誌。

11/21

こんにちは。
今週のレポート当番は、楽器演奏で舞台に立ったことのある人ということで、ぱるが担当します。
今も吹奏楽でトランペットを吹いています。


先週、新メンバーしんちゃんが入ってくれて、さっそく今週から練習に参加してくれました(^o^)

今週も、基礎→全体曲→バンドという練習内容でしたが、人数が少なめだったので、どこのバンドもなかなかバンド練習が思うように
進まないですね(._.)
基礎練習も、時間は限られてますがもう少し工夫して出来るように考えます。グダグダですみませんでした。

全体曲はもう何度かやっているけど、まだまだみんな自分のパートで必死という感じなので、もっと周り聞いてまとまりが出てくると良いですね。
クリスマスまでに完成するんでしょうか。笑


すでに何度かお伝えして言うとおり、1/30は新年会です!
新年会では、一応各バンド新曲発表できたらいいなと思うので、みなさん頑張りましょうー!

私の所属するGNOは、12/27にライブを控えているので、いま必死です。笑
本日(11/25)も夜練習の予定です。
みなさま、聴きに来てくれると嬉しいです。


次回のレポートは、最近新しいことを始めた人でおねがいします!
(習い事や、新しい趣味とか!)
  1. 2015/11/25(水) 13:09:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11月14日活動日誌

どうも、おぎんです。

本日は2名の見学者さんがいらっしゃいました。
女性が多くなりすぎたのでボイパとベースを緊急募集中です。

人数少なめでしたが、
基礎練は、ブレス、発声。カデンツァをやりました。

全体曲はサンタが街にやってくる。3週目です。
音が被っているパートも多いのですが、微妙に違うところもあり、なかなかあいません。

バンド練習①②ですが、JAMTYとGNOが比較的そろっているということで、
①②ごっちゃになっての2バンド練習です。2バンド制にすると、こういうことができてよいですね。

先日のダブルフラットの件で、ごちゃごちゃ書いた後、ふと思ったのですが、
コードがG♭mの場合、シにダブルフラットがつくのはとても自然な感じだということに後で気づきました。
ギターを弾ける方ならわかってもらえると思いますが
3フレットのGmをひとつ下げて2フレットに移動したときの3弦が(シ♭→ラ)になりますけど
感覚的には「すべての音が一つ♭」って感じだから、シ♭にも♭を追加。って感じ。
はー。すっきり。なるほど。

冒頭で見学者さんのことを書きましたが、
1名入っていただけるそうです
男子が増えました。やったー。
低い声の男性引き続き大募集中です。

次回レポートは楽器演奏でステージに立ったことがある方でお願いします。
(学園祭等も含む。)
  1. 2015/11/21(土) 16:03:43|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月31日練習日誌

風邪をひきました。おぎんです。

ハロウィンの31日、遅刻したので基礎練は参加していません。
すみません、

全体曲は「サンタが街にやってくる(英語)」です。
なかなかハモらないまま不穏な空気が流れました。
サンタが来るのはまだまだ先になりそうです。

バンド練。
8名くらいしかいなかったので、
そろっているバンドはありませんでしたが
JAMTYとちょこりむは練習していました。
ちょこの「Everything」でダブルフラットについて物議を醸したので備忘録替わりに書いておきます。

調合は♭5つで変ニ長調の曲(だそう)です。
小節の中の臨時記号は調合より優先される(らしい)ので
もともとシ♭ですが、臨時記号でシにダブルフラットがついている場合は
通常のシから二つ下げてラになります。
もともとシについている♭は臨時記号により取り消されます。
臨時記号で取り消されたり変更された調合は次の小節で復活します。
臨時記号の効力は小節線までだからです。
調合が復活することの警告としてあえて臨時記号で調合どおりの♭をつける書き方もあります。

シにダブルフラットをつけてラになるのであればなぜラ♮と書かないのかという疑問についてですが
シのダブルフラットとラ♮は厳密には同じ音ではなく
音を重ねるうえで曲の調によって、少し高いほうが合うなどの背景があるようです。
(バイオリンを弾ける友達と楽典より抜粋。)

「国際ピッチはA=440ヘルツ」とか、「過去にピアノの歴史の中でラ♮とシのダブルフラットを区別しようとしたが鍵盤が複雑になりすぎて浸透しなかった」などの話にもつれこみ、「へー。そうなんだ」ということで結了しました。
上の説明に異論ある方、いらっしゃいましたら小学生にもわかるように説明してください。

次のレポートは一番背の高い人(髪型含む)でお願いします。
  1. 2015/11/07(土) 15:09:42|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad